最近のコメント

    動画ジャンルにより稼ぎが違う

     

    意外に初心者がやってしまうミスとして需要がないジャンルで動画投稿をしてしまうことです。完全に趣味でユーチューブへの動画投稿をしていれば需要の大小気にしないで自分の好きな動画投稿すればいいですが、ビジネスとしてユーチューブへ投稿をして十分広告収入得ていきたければ、しっかり需要が多いジャンルへ参入しましょう。需要が多いか少ないと行っても抽象的で、もうちょっと具体的に解説します。需要大小判断するのに自分が稼ぎたい広告収入額はいくらかを考え、判断しましょう。ユーチューブへの動画投稿で毎月10万円の広告収入稼ぎたいといったことがあれば、一般的単価の1再生=0.1円として考えればチャンネル全体の総再生数が毎月100万回程度なくては毎月10万円以上収入実現しないです。この時すくなくても毎月100万回程度は再生されるジャンルに参入する必要があって、とてもマニアックなジャンルでそのジャンルにおけるトップのYouTubeチャンネルが毎月5万回しか再生されてないジャンルあれば、そのジャンルにあなたが新規参入して毎月100万回の再生回数稼ぐのは不可能です。今運営してるチャンネルが自分が目標の再生回数稼げるだけのポテンシャルなると判断すれば、そのチャンネル更新をやめ別のジャンルで新たに作っていくのも手です。僕はこのジャンルをメジャーにして世間から注目されるジャンルにしていきたいといったあつい志があれば、それはいいと思いますが、その時とても難度高いことに挑戦してることを認識しましょう。包み隠さずいうと需要ないジャンルでちゃん得るおおきくしてくよりユーチューブ内ですでに需要が多いジャンルで大きく末rば確実に楽に広告収入稼ぐことができます。また、需要が十分あるジャンルで動画投稿をしていてもなかなか動画再生回数伸びないこともありますそうしたとき往々にして動画投稿本数足りてないケースが高いです。あなたが参入したジャンルでトプのチャンネルが今まで動画100本登録していたら、あなたのチャンネルは動画投稿本数10本のみだったとします。なにかの店で、100種の商品おいてある歴史ある店、10種しかない店なら、より良い商品なら、どちら行くか決まってるでしょう。当然100種の商品があるほうが自分の探してるものが見つけられるケースが高いです。これと同じで、同じような動画並んでいれば動画投稿本数多いチャンネルのほうが視聴者が集まるのです。動画100本のチャンネル、10本ではユーチューブの表示アルゴリズム情報が10本のチャンネルのほうが有利なのです。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • Pocket