最近のコメント

    副業とかで所得がかなり出ている方は申告が必要です

     

    生業の仕事を持つ傍ら副業やっている方とかも多くなってきている傾向であり、これには色々な事情があったりしますが、国内の経済がうまく安定しないという背景も一部あったりします。

    これから副業をはじめようと考えている方もいるかと思いますが、副業のジャンルによっても稼ぎとかが異なってくる部分もあるかと思うけど、基準で定められている一定以上の所得を得ている場合は申告が必要となってくるのでしっかりと対応しておく必要があったりします。

    その申告というのは生業の仕事をしていると必ずある確定申告があるじゃないですが、あれは白色申告と呼ばれているものであり、副業の場合は青色申告という方法で手続きをすることになっています。つまり副業をやっている方は別途で確定申告をする必要があったりするので頭の中に入れておく必要があります。

    年間の所得が基準では20万円以上を超えている場合は申告をしないといけないため、重要なポイントになっていたりします。副業のジャンルによっては多少ですが、申告が必要な所得額が異なっている部分もありますが、基準としては年間の所得が20万円以上となっていたりします。

    通常の所得を出す計算式としては基本的には「副業での収入-年間での必要経費=年間の所得」という形で出したりします。

    副業をしていると税金もかかってきたりするため、把握をしておく必要もあり、所得税という形で差し引きされたりします。所得税の計算方法としては「所得税=(副業の所得金額-所得控除額)✕(所得税率-源泉徴収で出た額-税額控除で出た額」という形となっています。

    所得税とかについては細かな部分まで知る必要があるため、インターネットを活用して調べてみるか、税理士の方とか会計士の方に相談をしてアドバイスをもらったりするのが無難となっています。

    これは肝心なことでありますが、副業をしていて所得が基準額以上出ている方とかで申告漏れとか申告しない人もいたりすることがあり、そういった場合は税務署からマークされたり指摘を受けたりすることがあり、その際に延滞税とか加算税とかもつけられることが多いので、申告はしっかりとやっておかないといけないのであります。

    副業でも定められている基準額以上の所得が出ている場合は必ずですが青色申告を出しておく必要があったりします。青色申告とかの手続きがイマイチわからない場合は税務署に行って専門スタッフや専門家の方に話を聞いたりしつつ手続きをしていくのが無難となっています。

    また、税理士の方とか会計士の方に話をして対応してもらうようにお願いします。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • Pocket